タロットカードの覚え方

Yamato流 大アルカナの覚え方

こんにちは、Yamatoです^^

今回は皆様に大好評いただいている「Yamato流 大アルカナの覚え方」についてご紹介します。

始めに

Yamato流 大アルカナの覚え方」とは、タロットカードの大アルカナ22枚を、各カードのオリジナルストーリーを作ってそのイメージを掴んでしまおうというコンセプトで作った教材です。

タロット占いを始めたばかりの方によくあるお悩みに

「カードの意味が多すぎて覚えられない!」

「テキストごとに書いている意味が違っていて混乱する」

「毎回同じような解釈しかできない」

「そうやって必死で覚えて鑑定をすると「全然当たってない!」と言われて落ち込んだ」

こういったものがあります。

僕のところにも駆け出しの占い師さんからよくご相談がありました。

こういったお悩みを解決するためにこの商品を開発したのです。

商品の特徴

では、なぜこのような悩みが出てくるのか?

それは

カードの意味を一つ一つ丸暗記しようとするから」です。

カードの一つ一つの意味は木に例えるなら「小枝や葉っぱ」の部分です。

つまり末端です。

無数にある小枝や葉っぱをすべて頭に入れていくことは実質不可能なのです。

なぜなら「各カードの意味は無限大にある」と言えるためです。

市販のテキストに書かれている意味は

よくこういう意味として解釈するよ」「セオリー的な解釈はこんなんだよ

っていうような代表例に過ぎないのです。

タロットを始めたての方は「ここに書いてある意味の中から最適なのを選ばなきゃ!」って考えてしまう方が多いのです。

でも実際には、占い師が100人居たら、100通りの解釈が生まれる可能性があるし、それでいいのです。

それに対して各カードの基本イメージとは「木の根っこ」の部分です。

この基本のイメージがあって、一個一個の意味はそこから派生していると考えたほうが良いのです。

つまり、これからタロット占いを始めたい方は

まず、各カードの基本イメージを頭に入れてしまう」ことが大切です!

一つ一つの意味は参考までに目を通しておく」くらいでもいいのです。

あくまでも大切なのはイメージを掴むことです。

なぜなら「基本イメージさえきっちりと掴んでいれば、そこから連想して無限に意味を導き出すことができるから」です!

まとめ

タロットカードを効率よく覚えるには

「各カードの根幹である基本イメージをしっかり頭に入れる事」が大切です。

それさえ分かっていれば、実際に占いをする時には基本イメージから連想して意味を導き出してくることができるようになります。

大げさに言えば一個一個の細かい意味(いわば回答例)は忘れてしまっても大丈夫になります。

「Yamato流 大アルカナの覚え方」は「基本イメージを楽しく覚えられる」様に作っていますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

現在はスキルクラウドにて販売しておりますので、興味のある方はぜひよろしくお願いします☆

https://www.skill-crowd.com/serviceDetail/27616/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。